男性型脱毛症(AGA)の有効な治療方法とは

前述したように、男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンに起因する症状ですので、テレビCMでやっている発毛コンテストなどを開催している企業が運営している育毛エステ、発毛サロンでのシャンプーやマッサージ、根拠の無いレーザーなど、全て効果がありません。

 

日本皮膚科学会により、2010年に男性型脱毛症診療ガイドラインというものが発表され、医学的な視点からも、企業が運営している育毛エステ、発毛サロンで実施している施術には意味がなく、あくまでも病院で処方できる薬のみが効果があるという事になりました。

 

その為、必ず男性型脱毛症の症状が出てきたら迷わず医師のいる病院に足を運びましょう。症状に関してはリンク先を参照してください。

 

そして、そのガイドラインの中でも特に効果があると認められている治療薬が「フィナステリド」と「ミノキシジル」です。ちなみにフィナステリドに関しては日本ではMSD製薬という会社が「プロペシア」という薬を製造しています。また、ミノキシジルに関しては、日本では外用薬として大正製薬から「リアップ」という薬に含まれています。

 

プロペシアという薬は5α還元酵素阻害剤といわれており、テストステロンをジヒドロテストステロンにすることを阻害することが出来る薬です。テストステロン自体は骨格形成などに必要なホルモンですが、直接髪の脱毛を促進するホルモンではありませんが、5α還元酵素によりジヒドロテストステロンになったタイミングで、毛乳頭細胞に髪が抜けるシグナルを送りますので、この脱毛のシグナルをストップすることが出来るという訳です。

 

とはいえ、男性型脱毛症になりやすい体質を改善する訳では無いので、プロペシアで脱毛が減り、髪のボリュームが戻ってきたとしても、薬を辞めてしまうと時間を掛けてまた元の状態にもどってしまいます。あくまでも男性型脱毛症の治療は、病気を根治するのではなく、症状を和らげる対処療法であることを事前に理解しなければなりません。

 

また、ミノキシジルは髪が成長するにあったっての成長因子(グロースファクター)という物質の分泌促進を促し、髪を太く成長させる役割があります。とはいえ日本で発売しているリアップはあくまで外用薬なので、皮膚からの浸透、そして吸収率を考えた場合には、内服薬として飲んだ方が効果が高いとされています。

 

 

 

男性型脱毛症(AGA)以外の脱毛症の種類と症状

日本人男性が髪が薄くなってきた。。。といった場合には90%以上は「AGA」といわれていますが、その他にも薄毛になるケースがありますので、紹介していきます。男性型脱毛症(AGA)以外の脱毛症を把握することで、より深くAGAを理解することが出来ることでしょう。

 

 

ⅰ老化による脱毛

毛穴にも1つ1つ寿命があります。いわゆるテロメアといわれる細胞分裂回数制限がどの細胞にもありますので、同様に髪を生やす毛根の奥底にある毛乳頭細胞が細胞分裂の終わりを迎えると、髪が生えてこなくなり髪が薄くなっていきます。

症状の見極めとしては60代前半以降、髪全体のボリュームが緩やかに減っていきます。ただ、もうその年代になる頃には、周りもだいぶ髪が薄くなってきているので、気にはならないはずです。

 

ⅱ円形脱毛症

髪の毛の毛根組織に対して免疫機能の異常が発生する自己免疫疾患いわゆる「アレルギー」が原因とされており、その引き金となるのは、ストレスや遺伝的なもの、女性ホルモン値の変化など複数の要因が考えられます。

 

症状の見極めとしては、10円ハゲと呼ばれるように、突然ある一部の髪がごっそり抜けおちます。徐々にでは無く急激に抜毛が起こるので非常に目立ちます。ただ放っておくと、頭全体に症状が現れスキンヘッドの様な状況になるケースがあるので、早急に皮膚科で治療をしましょう。

 

ⅲ抜毛症

トリコチロマニアとも呼ばれており、正常な髪の毛を自らの性癖で次々と抜いてしまう疾患です。幼少時代にこの症状がみられることが多いが、成人以降の年代層でみると0.5前後とあまりその症例数は多く無い。また精神的な疾患の為に、抜毛症か否かの線引きは医師それぞれの判断になる為、あまり正確な数値は図れない。

 

症状の見極めとしては、自らが髪を抜いてしまうので、抜け毛範囲の統一感は無く、髪がまだら情になってしまいます。

 

 

ⅳ脂漏性皮膚炎による脱毛

脂漏性皮膚炎とは皮脂分泌の多い頭部や顔面に、フケ様の付着物を伴う湿疹や、薄い痂皮(かさぶた)のようなものを伴う紅斑が見られる皮膚炎で、激しいカユミが出る場合には頭皮を掻き毟ってしまい、頭皮状況が著しく悪化して、髪が脱毛していきます。

 

症状の見極めとしては、頭皮にニキビが日常的に出来、常に頭皮が脂っぽい状態になりカユミや痛みを伴い、皮膚がただれてしまう様な状態になっていることですが、軽度のものであれば髪が抜けるまでには至りません。

 

 

ⅴ投薬による脱毛

抗ガン剤などの薬による脱毛です。かなり薬の中でも特殊な副作用ですが、脱毛を引き起こす例があります。

 

症状の見極めとしては、抗ガン剤など劇薬とよばれる薬の処方時に必ず副作用説明がありますので、しっかりと聞いておきましょう。

 

 

上記以外のパターンで抜け毛が気になると思ったら、ほぼ男性型脱毛症(AGA)で間違いが無いでしょう。AGA治療専門クリニックで治療を受けるようにしましょう。

 

男性型脱毛症(AGA)のメカニズムとは

男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンはどこからくるのでしょうか?どうなると男性型脱毛症になってしまうのかを、少し医学的な目線で紐といていきます。

 

まず、体内でいきなりジヒドロテストステロンが作られるわけではありません。最初はテストステロンという物質が体内で合成されます。

 

男性の睾丸の中にある精巣で体内の90%以上のテストステロンが作られ、また、腎臓の近くにある副腎というホルモン分泌を担う臓器でも一部テストステロンが作成されます。

 

この作成されたテストステロンが血液を巡り5α還元酵素という酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンが生まれます。そして毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターと結合することで、脱毛が引き起こされます。

 

ちなみにタイミングとしては5α還元酵素はテストステロンが血液を通って毛乳頭細胞に入り込んだ際に、結合されます。

 

また、5α還元酵素はⅠ型とⅡ型があり、分子構造が異なります。また、Ⅰ型とⅡ型は脱毛を促すシグナルの強弱もあり、基本的に男性型脱毛症を引き起こすのはⅡ型とされています。

 

ハミルトンノーウッド分類にあるように、頭頂部や生え際の脱毛が進み、頭の横や後頭部の髪が抜けないのかという点に関しては、Ⅱ型の5α還元酵素が頭頂部や生え際に多く、Ⅰ型が頭の横や後頭部に多いというのがその理由です。

 

なお、FDAで世界的に認可を受けているAGA治療薬の「フィナステリド」に関しては、この5α還元酵素Ⅱ型とテストステロンの結合を妨げることで、男性型脱毛症を引き起こすシグナルをストップさせるということが出来る薬です。

 

しかしながら近年では5α還元酵素のⅠ型も男性型脱毛症を引き起こす可能性があるという見方もあり、5α還元酵素のⅠ型とⅡ型ともにテストステロンとの結合を阻害するデュタステリドという薬も発売されています。

 

こちらもそもそもフィナステリドと同様に前立腺肥大症の治療薬として研究されていたものですが、何故あまり耳にすることが無いかというと、フィナステリドに比べ副作用が非常に出やすいという臨床結果があります。

 

臨床試験ではフィナステリドは性欲減退などの副作用が約4%前後というデータに比べ、デュタステリドは薬10%と2倍以上の人が副作用を感じるという結果になりました。

 

また、そもそも日本ではデュタステリドは国の認可もなく、利用者も少ない為、なかなか手を出す人が居ないという現状があるようです。ちなみにお隣の韓国では薄毛治療に対しての使用許可が出ているようですが、あくまでもフィナステリドで効果が見込めないケースで処方がされているようです。